防音室・調音パネル

防音設備 音のヤマハの防音室「アビテックス」

気兼ねなく思いのままに楽器を練習できる防音室。

しかし外部への音を遮断しただけでは、楽器本来の音色は楽しめません。演奏者にとって忘れてはならないこと、それはすぐれた音空間<音場>。

ヤマハは、これまで数多くのコンサートホールやスタジオの設計を手がけてきました。

自然で美しく豊な響きを生み出すための音場設計、そのノウハウが、ヤマハ防音室「アビテックス」にもフルに生かされています。

ヤマハ防音室「アビテックス」は、遮音はもちろん、小空間の防音工事で起こりがちな、音の歪みを解消し、楽器演奏に理想的な吸音率にチューニングされています。楽器の音がクリアに聴こえ、長時間練習しても耳が疲れません。

お部屋の形状にあわせてつくる「自由設計」、移設可能な「定型タイプ」、そして不燃対応可能な「業務用」と、お客様のニーズに合わせたラインナップをご用意しています。

ヤマハ防音室「アビテックス」の特長

1.すぐれた防音効果

音は空気の伝わりと床や壁からの振動によって伝わります。「アビテックス」は、床・壁・天井に独自の技術をとり入れることで、すぐれた防音性能を確保。用途に合わせてDr-30(自由設計AFEのみ)、Dr-35、Dr-40の3つの遮音性能から選べます。(Drは遮音性能を表す単位で、数字が大きいほど性能が高くなります)

■アビテックスの防音技術
◎固体伝搬音制御パネル:パネル内部に防振材を効果的に取り付けること、およびパネルの中心部から芯材を取り除くことにより、固体伝搬音を制御します。
◎トータール振動カットシステム:パネル内部に吸音材を効果的に配置し、遮音パネルの振動を制御します。

2.楽器練習に最適な音場

防音室で楽器を演奏する場合、音が響きすぎれば「聴き疲れ」の原因に、響きが足りなければ音が生きて聴こえません。「アビテックス」は、防音室の広さに応じて、楽器演奏に理想的な平均吸音率を実現します。楽器の音がクリアに聴こえるので、気持ちよく演奏ができます。

3.ニーズにあわせたラインアップ

お客様の用途にあわせて、さまざまな広さと仕様をご用意しています。
○定型タイプ・・・管・弦・声楽からグランドピアノまで、省スペースながら快適に練習できるユニット型防音室。設置作業は数時間から半日、大がかりな防音工事は不要です。広さは0.8畳から4.3畳まで9種類からお選びいただけます。引っ越しの際に移設も可能です。
○自由設計・・・・お部屋の広さ・形状にあわせてオーダー設計できる防音室。0.5畳~30畳まで対応可能。スペースを無駄にしないので、レッスン等に最適です。ご新築の方にもおすすめです。

【ミュージックシティ百合ヶ丘にて、展示中!】

「中古セフィーネIIev 3.7畳」を展示現品特価にてお求めいただけます。
※遮音性能Dr-35、グランドピアノ(C3)対応

本体価格:1,650,000円 → 1,120,000円
移設費用例:200,000円
※組立費、運送費(階段作業、横移動費用別途)、照明器具代、エアコン取付工事費(エアコン付き)
工期:1日で設置できます。
※表示金額は全て税抜き

【新ゆりセンターにて、展示中!】

「中古セフィーネII 3.0畳」を展示現品特価にてお求めいただけます。
※遮音性能Dr-35

本体価格:1,627,500円 → 1,090,000円
移設費用例:190,000円
※組立費、運送費(階段作業、横移動費用別途)、照明器具代、エアコン取付工事費(エアコン付き)
工期:1日で設置できます。
※表示金額は全て税抜き

中古防音室に関しては、ミュージックシティ百合ヶ丘までご連絡ください。
Tel 044-966-5121

もっと手軽に、ヤマハ防音室レンタル!
レンタル料:10,100円/月~(税抜)

ヤマハ防音室レンタル「音レント」
セフィーネIIev
セフィーネII

置くだけで、室内をよい音の響きに「調音パネル」

楽器やオーディオを「よい音」で楽しみたいと考えるとき、音源の楽器や装置本体の音の良さと同様に重要なのが、その空間の「響き」です。

しかし、「響き」を整えるには、音響素材や建築音響に関する知識とノウハウが必要ですので、一般の方にとっては、とてもハードルの高い領域になります。

ヤマハ音場コントロール技術「調音パネル」は、音響に関する専門知識を必要とすることなく、簡単な設置で確かな効果を得ることができるように開発された音響部材です。
楽器周辺・スピーカーの背後・壁などに設置するだけで、「響き」の量と周波数バランスを整えるので、楽器は本来の音色で響き、オーディオはソースが持つ情報が最大限に引き出されるようになり、より良い音の環境をつくりだします。
また、パネル厚わずか3cmという薄さは、小空間で使用しても、空間の広さを損なうことがありません。

「調音パネル」の種類

『TCH』
高さ90cm、付属の金具で壁に取付可能、コンパクトながら音響障害のないクリアで心地よい音響空間をつくります。カラーはホワイトのみ。

『ACP-2』
「TCH」より高さを30cm拡張して120cmとすることにより、制御音域をさらに低い音域(80Hz)まで拡張しました。アップライトピアノやトールボーイ型スピーカーと組み合わせての設置もおすすめです。カラーバリエーションは3種類、付属の自立スタンドもしくは取付金具で設置できます。

「調音パネル」の特長

1.「吸音」と「散乱」を最適なバランスにコントロール

ヤマハ独自のパネル構造により、80※~4000Hzの広い帯域でほぼ平坦な吸音特性を発揮。散乱性能も併せ持っているため、一般的な吸音材では得ることができない、音響障害のないクリアで心地よい音響空間を実現します。※TCHは125~

2.わずか3cmの薄さで、省スペースに設置可能

これまで、およそ70cmの厚さを必要としていた低音域※の響きの制御が、わずか3cmで可能となるため、部屋の広さを有効に使えます。※80Hzまで

3.スタンドで自立もしくは金具で取付可能な簡単パネル

適切な音場空間づくりに必要だった大がかりな工事が不要。スタンドで自立もしくは金具で取付可能な音響部材です。
※自立スタンド付属(ACP-2のみ)。
※取付金具付属。別途取付費用が必要となります。店舗までご相談下さい。

4.3種のカラーバリエーション

人気の高いホワイトをはじめナチュラル・ブラウンと、リアルウッド仕上げを含む3種類のカラーバリエーションをご用意。設置場所の雰囲気に合わせた質の高いコーディネート性を持たせました。
※ナチュラル・ブラウンはACP-2のみ

ヤマハ防音室・調音パネルの詳細についてはこちらから

ご相談・お問い合せは、ミュージックシティ百合ヶ丘まで
Tel 044-966-5121